読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すべての金持ち男性に伝えたい女性関係でのテクニック

"世界最大の謎の1つは、女心だ。だから俺は、それを解いてみようと思った"

ーミステリー 

f:id:goph:20170318192004j:plain

こんにちは。たまに非ナンパクラスタ方々と夜の街に繰り出すことがありますが、大体惨敗します。その方の中には世間的には年収上位1%に入るくらい成功されています。昼は圧勝しているのに夜はなぜ惨敗してしまうのか…夜で負けるからこそ昼を頑張れたという説もありますが。恋愛工学やナンパメソッドなどで常識とされていることは世間一般的に正しいとされている振る舞い方の逆なんですよね。彼らの行動をみて「ああ、そこはそんなことしちゃダメなのに…」とか「もっとこのタイミングでこうしてほしい…」と言えるはずもなく歯がゆい思いをしました。心の声をここに記しておきます。ナンパ界隈にいる人にとってはあまりにも当たり前のことだと思いますが、彼らにこの記事が届けばと思います。以下トピックスです。

・金で女を釣ろうとしない

・表でディスって裏で褒める

・男同士で盛り上がりすぎない

・ハントの最中に満腹にならない

・もっと見た目を磨こう 

・ナンパはフリーランチ

  

■金で女を釣ろうとしない

社会的に成功したからこそ、それを誇示したくなるのも人情です。ベスト・アンド・ブライテストな仲間たちと自分がいかに社会で成功していて、お金に恵まれているかを全力でアピールしがちです。しかし、女性関係において「富める者であるアピール」をすることは二重に悪手です。

1.金以外の魅力がないことを暗に示してしまっている

1番のアピールポイントがお金ということはそれ以外の男としての魅力、顔・スタイル・ファッション・ユーモアなどに乏しいことを自ら白状している様なものです。お金とは我々ホモ・サピエンスの本能が形成された狩猟石器時代にはなかった概念です。石器時代に俺金持ってるよアピールで求愛していたご先祖様は皆無だったハズです。金持ってるアピールは女性の理性には響いても本能を動かすことはできないーまずは自分のスペックを捨てて1体のオスとして口説きましょう。

2.スペックに膣キュンする女性を慎重にさせる

とは言え、戦略的選択により男のスペックに恋する女子も一定数存在します。しかし、その女子らは金持ち男性とワンナイトしたいのではなく、結婚したいのです。結婚したい彼女らは獲物(ATM候補)を見つけた瞬間、貞淑モードに切り替えます。

モテるために頑張って金持ちになった皆さんには残酷な事実ですが、モテたければ金持ちアピールはやめましょう。聡明な読者の方はもうわかってると思いますが、念のため下記にNGリストを記しておきます。

・男にも女にもやたら奢りたがる

ゲームに買ったら奢ってあげるよとか、奢るのを嫌がる姿勢が吉です。

・収入の話をする

仕事とか収入がわかる話は嫌がる姿勢を見せましょう。

・タクシー代を渡す

「タクシー代出すからもうちょっといてよ」は非モテの極みです。

・なんでも好きなもの頼んでいいよとか、いいお酒頼もうとする

シャンパンではなくスパークリングワインを「これ」って言って頼みましょう。女子に注文任すのもダメ。

・聞かれてもいないのに住んでるタワマンの話

・高額な買い物の話

・身につけてるブランドの話

・投資した話

盆栽バーに投資したとか、面白い事業はたくさんあります。でも、投資額がでてきた瞬間に面白事業話から俺の金持ち自慢話に成り果ててしまい、「ハイハイ、それね」という感じに全員が興味を失います。

・いかにも金持ちっぽい旅行の話

その自尊心はFacebookで満たしましょう。

・カジノで盛大に負けた話

マリーナベイサンズでバカラで○○円すった話とか、場所と金額が違うだけで上野の雀荘で国士無双振り込んだ話と本質的には変わりません。

■表でディスって裏で褒める

 できるビジネスマンだからこそ、彼らは初対面の相手に最大限のリスペクトを持って接します。まるで商談で初めて会う相手かの様に懇切丁寧に女子に接する。そして、男だけになった時にブスだのデブだの散々にコケ落とす。しかし、対面で女子に下手に出ることは軽視されるし、男だけの場所での女の悪口は誰も得しません。自分のちっぽけな自尊心を守ることくらいしかできないのです。対面では少し馬鹿にした様な態度で上から接するのがいいでしょう。ナンパ界隈ではネグやディスる技術などと言われるテクニックです。馬鹿にするのとからかうの中間くらい。もちろん、リスペクトを持ってーいや、リスペクトしているからこそと言っていいかもしれません。

 

■男同士で盛り上がりすぎない

 初対面の女性を前にして、自信がないが故に気のしれた男友達と話してしまう。わかります。女子はちょっとでもつまらない話だと興味を持ってくれない。その点、気心の知れた最高の仲間達は最高の気遣いを持って最高の返しをしてくれますよね。でもダメです。ここは戦場、仲間同士で傷を舐め合う場所ではありません。目の前の敵に立ち向かいましょう。せめて男同士で話す場合でも女の子を入れてあげましょう。

■見た目を磨く

残酷だけど、ファーストインプレッションで大勢は決します。金持ち程、金が全て・金で何でも解決できると思いがちですが、この世界は見た目がすべてと言っても過言ではありません。見て明らかな肥満やダサいファッションではまともに戦えません。常日頃身だしなみに気を使いましょう。しかし、いつ使うかわからない刀を毎日磨くのは難しいです。毎日刀を振る。いや、斬りましょう。返り血を拭い、刀を磨く。そうやって宮本武蔵も天下無双への道を突き進みました。そういった意味では、普段は遊ばないけど今日は妻がいないから少し弾けようという気持ちで市場に参入すると、高くそびえ立つ参入障壁にいとも簡単に弾かれます。戦の時に鋤を刀に持ち替えた農民が一瞬で殺される様に。常に新規開拓をしましょう。 

■ナンパはフリーランチ

 相席屋、合コン、クラブ、マッチングアプリ、ナンパバー世の中に出会いの場はたくさんあります。だが、全て人口的に作り出された箱です。必ず男がお金を払う仕組みになっています。そして集まる女もナンパされに来ています。男は二重に搾取されます。箱から搾取され、女から搾取される。あなたが声をかけられればそこが市場になります。道でも蔦屋でもロフトでもスタバでも。支払うのは少しばかりの勇気と時間だけです。

 

いかがでしょうか?もう少し深くナンパについて知りたいと思われた方はこちらをどうぞ。

ぼくは愛を証明しようと思う。

ぼくは愛を証明しようと思う。

 

 

ザ・ゲーム 退屈な人生を変える究極のナンパバイブル (フェニックスシリーズ)

ザ・ゲーム 退屈な人生を変える究極のナンパバイブル (フェニックスシリーズ)

  • 作者: ニール・ストラウス,田内志文
  • 出版社/メーカー: パンローリング
  • 発売日: 2012/08/07
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • 購入: 10人 クリック: 75回
  • この商品を含むブログ (3件) を見る