読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「損する結婚 儲かる離婚」読書感想

急いで結婚する必要はない。
結婚は果物と違って、いくら遅くても季節はずれになることはない。

- トルストイ

f:id:goph:20170218162026j:plain

先日発売された、藤沢数希所長の「損する結婚 儲かる離婚」を読了したので感想を記す。

■結婚は人生の墓場か

本書は女性にこそ読んで欲しい本なのである。

 という一文で本書は締めくくられるが、本当にその通りである。逆に男性は読まない方がいいかもしれない。結婚に夢や希望を抱いている男性は、現実を突きつけられ絶望の淵に追い込まれることになるだろう。婚姻制度の仕組みは、世の中に数多くある「知らぬが仏」な事柄のうちの1つだと言える。離婚した際、所得が多い方から少ない方への支払いの計算方法が本書の大部分を占める。読めば読むほど結婚したというだけでこんなにも多額の支払いをしなければいけないのかと陰鬱とした気持ちになるだろう。

 

■離婚時の支払い

離婚が発生した際の支払いについて、抑えるべきポイントは以下である。

結婚債権の価値=離婚成立までの婚姻費用の総額+離婚時の財産分与+慰謝料

f:id:goph:20170218175810j:plain

婚姻費用とは通称コンピと呼ばれ、 夫婦のうち高所得者側が片方に対して同等の生活を保証するために支払うべきお金と考えていい。著者はこれを「結婚という金融商品のクーポン」と呼ぶ。計算方法については本書に譲るが、離婚したい高所得者側(主に夫)、このクーポンを少しでも長くもらうために粘る低所得者側(主に妻)という描写が何度となく登場する。想像するだけでもゲンナリする。

財産分与は結婚してから離婚するまで(正式には別居するまで)に二人で蓄えた資産を分けるというものだ。夫がサラリーマン、妻が専業主婦という場合は夫の蓄財の半分を妻が持っていくことになるが、夫がそれだけ稼げたのは家庭を支えた妻の「内助の功」あってものものだと法律で決められている。この記述も繰り返し登場する。男性読者のほとんどが納得できない点だろう。

慰謝料は浮気や暴力に伴う精神苦痛に対する対価で100〜200万円が相場らしい。

 

■それでも前を向いて生きていかなければいけない

婚姻届に判を押すのは借金の連帯保証人になるより怖い

途中でこんな記述が出て来る。とてもキャッチーな文章だが、読了した者には誇張では納得できるはずだ。婚姻届に判を押すことは、将来的に稼ぎの大半を搾り取られるリスクを潜在的に孕んでいる。では子供が欲しい男はどうすればいいのか。残念ながら我が国では子供は結婚した夫婦で育てるのが一般的だ。上記を承知の上で絶望しながら結婚するしかないのだろうか。考えられるソリューションは3つあると考える。

 

1.コンピをもらう側になる

自分より高額所得者と結婚すれば、恩恵を享受する側になれる。問題は、高所得者女性は市場の中で希少で、自分より低所得者と結婚したがらないことだ。

出会いの機会をたくさん増やそう。たくさんの女性にアプローチできるナンパが有効だろう。注意すべきは、バリキャリ女性は夜のエリート男性と同じく夜遅くまで働いているので、平日夜の早い時間には出没しないことだろう。

運良く高所得女性と出会う機会があれば、多少可愛くなくても目を瞑るのが吉だろう。そして来る日に備えて所得以外の魅力を磨くことも大事だろう。筋トレで身体を鍛え、女を口説く練習をしておこう。

 

2.結婚しない

コロンブスの卵的な発想になってしまうが、結婚しなければコンピも発生しない。これは金融日記でも紹介されていたが、結婚しないと公言するなどは避けてダラダラとセフレ関係を続け、先に子供を作ってそのままなし崩し的に産んでもらうのがいいのではないか。ただし、コンピは発生しないものの、養育費の支払い義務は生じるので注意が必要だ。

 

3.婚前契約書を結ぶ

ジョニー・デップアンバー・ハードの離婚劇がケース・スタディで登場するが、米国の富裕層では婚前契約書を結ぶのが常識との記述がある。結婚前に離婚時の取り決めを自分に有利な条件で結べれば、コンピ地獄に苦しむこともなくなるかもしれない。ただし、結婚前に離婚時の取り決めをするのは日本では一般的ではない気がするし、離婚するために結婚する様で相手の承諾を得ることは難しいかもしれない。

 

 ■終わりに

金融市場では「リスクとリターンはトレードオフ」というのは常識であるが、これだけ大きなリスクがある結婚のリターンとは何かだろう。幸せな家庭を築けることか?恐らく、結婚せずとも幸せな家庭を築くことは可能だ。

結婚のリターンは、コンピ(それに相当する妻が享受する利益)をつらつかせて非モテの金持ち男性がモデルなみの美女と結婚できることではないか。港区ではよく見る光景だ。

あなたの横にいる女性は、あなたが「結婚する可能性は0」と言っても明日も変わらず横にいてくれるだろうか?

 

冒頭で引用したトルストイは、34歳のときに18歳のソフィアと結婚し9男3女を儲けた。
82歳の時、夫人との長年の不和から家出を決行するが、鉄道で移動中に悪寒を感じて途中下車、1週間後、駅長官舎で肺炎により死去。葬儀には1万人を超える参列者があった。

損する結婚 儲かる離婚(新潮新書)

損する結婚 儲かる離婚(新潮新書)

 

 

Google Analyticsをはてなブログに実装して読者の方を分析してみた

ブログを開設して早4日ほとんどがTwitter経由だがたくさんの読者の方に読んでもらえている。多謝。

読者の方はTwitterやブログの文章を通じて筆者がどんな人間か想像することができるが、僕はみなさんがどんな人かを想像するのは難しい。

はてなブログにデフォルトで装備されているアナリティクス機能があるが、これでは不十分だ。そこでGoogle Analytics。世界中で最も使われているサイト分析ツールで世の中に出回っているサイトには大体装備されている。機能もかなり優れている。しかも無料。さすがGoogle様。

Google Analyticsのアカウントの開設、ブログへの設置については割愛する。「Google Analytics ○○ブログ」でググれば解説されたブログに出会えるだろう。

TOP画面。何人くらいのユーザが来てくれたか、どのくらいの時間滞在していってくれたかがわかる。平均1分ものお時間をありがとうございます!

f:id:goph:20170214092324p:plain

 

都道府県別。ほぼ人口動態に基いている。グルメの記事を書くなら東京がよさそうだ。(東京の記事しか書けないが)

f:id:goph:20170214092712p:plain

バイル端末。iPhoneが圧倒的だ!アプリのレビューを書くならiOSのものが良さそうだ。

f:id:goph:20170214092902p:plain

ここまでユーザーのインサイトを見てきたが、分析ツールはPDCAを回すためにある。PDCAを回すには、自分のブログは目標を達成できているか?を計測する必要がある。サイトで1番果たしたい目標をコンバージョン(CV)という。GAを導入したら是非CVを設定しよう。下記から設定可能だ。

f:id:goph:20170215000603p:plain

サイトの目標はアフェリエイトリンクへの誘導、noteを売ること、オンラインサロンへの誘導、ブログに設置した動画の再生など様々だろう。目的に応じて設定してほしい。

CVの設定まで行かなくとも、Gogole Analytics未導入の方は是非導入してみてほしい。

 

サピエンス全史読書感想①

サピエンス全史を読んでいる。金融日記で紹介される少し前にサウザー先輩も面白いと言っていたのでこれは即買いだった。
構成は猿が立ち上がったアウストラロピテクスの時代から石器時代、農耕時代と時代を紡いでいく。
 
石器時代で一番衝撃だったのは、歴史の授業で原人にはアウストラロピテクスネアンデルタール人クロマニヨン人北京原人ホモ・サピエンスなどがいると習い(正確には記号として覚えただけで意味なんて誰も理解してやしない)その順番の通りに進化した様なイメージを持っていた。
よく見る下記の様な図が勘違いの原因だと思う。

f:id:goph:20170214001446p:plain

だが実際には、下記が正しいと語られる。

f:id:goph:20170214001611j:plain

ネアンデルタール人(我々ホモ・サピエンスよりも体格がしっかりしていて火も扱えた)は馬に対するロバの様な関係で同時期に存在したと記述されている。
我々ホモ・サピエンス東アフリカに、ネアンデルタール人はヨーロッパを中心に西アジアから中央アジアに分布していた。wikipediaによると彼らの男性は身長165cmで体重80kg程だったらしい(マッチョだ!)
一度我々ホモ・サピエンスネアンデルタール人のエリアに攻め入った際には体格が勝るため打ち負かされて撤退している。再度侵攻した際ーおよそ2万年前ーには絶滅させてしまった。現代の戦争の比ではない大量虐殺だ。ネアンデルタール人と我々は子供を作ることができたらしい。ヨーロッパ人のDNAには6%ほどクロマニヨン人のDNAが含まれていることが最近の発見として紹介される。
しかし、屈強なクロマニヨン人をなぜ我々ホモ・サピエンスは打ち負かすことができたのか。その鍵は「認知革命」だった著者のユヴァル・ノア・ハラリは語る。
我々ホモ・サピエンスクロマニヨン人の決定的な違いは複雑な言語を話せることだった。それにより我々は「虚構」ー神々の存在だったり、先祖の魂など空想上の物事を共通の話題とすることで群れを超えて協力できた。一方のクロマニヨン人は複雑な言語を操れないので猿と同じく群れ(せいぜい〜150人程度)でしか協力できない。どんなに屈強であっても数の暴力には抗えない。そして複雑な言語を操れるホモ・サピエンスは戦い方も議論できた。数百数千人単位でホモ・サピエンスクロマニヨン人を圧倒してついには滅ぼしてしまった。一部は遺伝子の中に取り込んで。
我々を圧倒的優位にした「虚構」はこの現代においても生き残っている。「お金」、「国」、「法律」、「会社」として。

 

ダブルマリッジ読書感想

橘玲さんの新作小説「ダブルマリッジ」を読了したので記憶が鮮明なうちに書き残したい。

f:id:goph:20170312191939j:plain

 

久々に寝る間を惜しんで読んでしまう小説に出会った。電車・トイレ・風呂など少しの時間でも貪る様に読んでしまう。
終わりが近づくにつれて少しでも長く続けばと丁寧に読んでしまう。そして読了後に訪れる大きな喪失感ー。
 
商社勤務の妻子ある主人公がある日戸籍を調べたところ、見知らぬフィリピン人女性と婚姻関係にあることが発覚する。
主人公と娘の視点を交互に入れ替えながらストーリーが進みつつ、婚姻制度の解説が入る。
フィリピンで日本人と関係を持ったフィリピン人女性とその子供に日本国籍取得させることを生業とする国籍ブローカーも出てきて様々なスキームが紹介される。

「戸籍が修正されると、それに基づいて、子どもが幼い場合は母子の、二十歳以上なら子どもの日本滞在ビザを大使館に請求するんです」鴨川が説明をつづけた。「これは外国人向けのビザではなくて、戸籍上子どもが日本人と推定されることを前提としているので、大使館で領事のかんたんな面接を受けるだけで期間一年程度のビザが発給されます。母子の場合は、母親はフィリピン人ですから「子どもの養育のため」という名目になります。子どもが二十歳未満なら、国籍法によって、半年たつと日本に住所があると見なされて無条件で日本国籍の再取得ができます」

複雑怪奇な法律とその抜け穴を通るスキームを解説しつつ、ストーリが進んでいく仕立ては橘氏の小説では定番化している。

「永遠の旅行者」
取り扱っている法律についてはタイトル通りだが、永遠の旅行者だけは馴染みがないかもしれない。
税金は居住民に課される。居住民の定義は国によって異なるのだが、3つ以上の国を行き来してどこの国の居住民にならず、税金を払わない
パペチュアル・トラベラーに関する話だ。この小説もとても面白いので是非オススメしたい。
ちなみに、永遠の旅行者とタックスヘイブンは堀山という風俗経営者の男が共通して登場する。今回も登場を期待していたが最後まで堀山の名前は出てこなかった。ただ、フィリピンの空港で怒鳴ってた日本人が堀山を連想させたが…
 
これから結婚を考える人、既に結婚を知る人にとっては婚姻精度を学ぶ良い教科書となるだろう。また、物語の半分はフィリピン、それもスラムで展開される。読者にフィリピンのスラムの情景を想像させる。
裸の子どもたちが家の前で水浴びしている。店の壁は赤や緑に塗られ、そこに清涼飲料水や携帯電話のポスターがべたべたと貼ってある。2階の窓にはカラフルなTシャツやジーンズが満艦飾にびっしり干してある。
「このひとたち、いったいなにしてるの?」

 筆者はフィリピンに数週間いたことがあるのだが、マニラのマカティの描写などは懐かしい気持ちになった。

 「どこにつれていかれるんだろう……」
 そう思ったとき、車はようやく広い通りに出た。左右に高層ビルが建ち並び、オフィスから出てきた女の子たちが連れ立って歩いている。黒のビジネススーツ姿もいるが、ほとんどはジーンズにTシャツ姿の軽装だ。ところどころ建設途中のビルや、放置されて廃墟になった建物はあるものの、これまでとは雰囲気がまるでちがう。
「なんだ、あんがいふつうじゃん」
夫にとって妻はどこまでいっても他人で利害が一致しなくなれば対立する存在なんだなと感じた。血の繋がりがある親と子、兄弟はどこまでいっても家族なんだな…と。そして東南アジアのあの熱気が懐かしくなった。月並な感想だが読者の参考になれば幸いである。

 
 

SNSアカウントのマネタイズは悪か?

『最も強い者が生き残るのではなく、 最も賢い者が生き延びるでもない。 唯一生き残るのは、変化できる者である』 チャールズ・ダーウィン
 
note販売、サロン運営などSNSアカウントによるマネタイズが昨年から盛り上がりを見せている。同時に批判の声も聞こえた。SNSアカウントで金を稼ぐことは悪ではないと僕は思う。ではなぜ彼らは批判されたのかー
以下簡単のため、金を稼ぐSNSアカウントをSNSワーカーと呼びたい。
 
そもそもSNSワーカーはnoteやサロンが出て登場したわけではない。
マネタイズ方法ははるか昔から存在した。
ただ、ユーザから直接課金するスタイルとは大きく異なっていた。
ユーザが企業に課金し、企業がSNSワーカーにマージンバックする方法だった。
 
SNSワーカーのがマネタイズしているケースを挙げてみる。
 
note販売
サロン運営
LINEスタンプ
ブログのアドセンス収益
記事の執筆
書籍の出版
PR
 
列挙するうちに、お金をもらう相手が個人なのか企業なのか
もらう額が1つの仕事に対して定額/売れた数で決まるか
で分類できることに気づいた。

f:id:goph:20170211154609p:plain

 
こう見ると、note販売、サロン運営などの複数のユーザーから直接課金できる仕組みはこれまでなかった。
そして、ユーザーからのコンサルティングの独壇場だった。
彼らにとって、note、サロンの台頭は脅威だっただろう。インターネットの力を使って複数にリーチできる。
 
今やnoteやサロンを批判する声は聞こえない。マネタイズの主流は右上に移ったということだろうか。